胃もたれ 眠れない 対処 方法

胃もたれで眠れない場合の対処/正しい方法で行いましょう。

スポンサーリンク

胃もたれというのは胃のムカムカや胃の不快感が起こります。
そのため夜寝る前に起こると眠れない状態になってしまうことがあります。
その際の対処方法についてお話していきましょう。

 

 

【胃もたれが起こる原因】
主な原因というのは下記のものになります。

 

・食べ過ぎ、飲み過ぎ
・不規則な生活
・食生活の乱れ
・その他の病気

 

これらのことが原因で起こります。
寝る際に胃もたれが起きているということは食べ過ぎによるものが多いと思います。
その際の対処方法を紹介しましょう。

 

【解消するには…】
胃もたれを解消するためには消化を促進する必要があります。
要するに消化を促進して食べ物を腸へ流してしまえば胃もたれは改善します。
※ただし胃炎などを発症している場合には効果は期待することが出来ません。

 

食べ過ぎによって胃の中に大量に食べ物が入っているため胃もたれが起こっている場合の対処方法になります。
間違った方法で行ってしまうと悪化する原因となりますので注意しましょう。

スポンサーリンク

【対処方法】
「右側を下にして横になりましょう」
右側を下にして右を向くことによって消化を促進させる効果を期待することが出来ます。
これは胃の出口、十二指腸へと食べ物を送りだしやすくなります。
そのため右側を下にすることによって消化を促進させましょう。
眠れなくて横になっている場合には右側を向いてみましょう。

 

「つぼを押してみましょう」
合谷…手の甲の親指と人差し指の付け根に位置しています。
逆側の手の親指で強めに押しましょう。

 

「市販薬を活用する」
市販薬によって消化の促進を助けることが出来ます。
ここで注意しなければならないのが消化を促進させるということです。
胃腸薬の中には胃酸の分泌を抑制するものもあります。
わからない場合には薬剤師に相談してから購入しましょう。

 

【まとめ】
胃もたれが起きてしまい気持ち悪くて眠れないということはとても不快なことになります。
解消するためには消化を助ける働きをするということです。
上記のような方法を行うことによって対処することが出来ます。
試してみましょう。

スポンサーリンク