胃もたれ げっぷ 楽になる 理由

胃もたれ中にげっぷをすると楽になる理由

スポンサーリンク

胃もたれというのは誰にでも経験のあることだと思います。
食べ過ぎや飲み過ぎ、特に飲み会の後などには多い症状ではないでしょうか。
胃のムカムカ、胃が重い感じがする、胃が痛いなど、、、このような症状はとても不快ですよね。
しかしげっぷをすることによって楽になることはありませんか。
その理由についてお話していきましょう。

 

 

【そもそもげっぷって何?】
空気は口から入ると気管支を通って肺に送られます。
しかし食事中には食べ物と一緒に胃の中へと入ってきてしまう場合があります。
その際に胃の中から空気が逆流して出てくるものがげっぷになります。
また、食べ物が発酵して出来るガスによっても起こります。
そして胃から腸へ運ばれると逆流することが出来なくなってしまいますのでおならとして外へ排出されます。

 

「炭酸飲料を飲んだ後によく起こる」
炭酸飲料を飲むとげっぷがよく起こると思います。
炭酸に含まれているガスが飲んでいる過程で発生しますので、それがげっぷとなって排出されています。

スポンサーリンク

要するに炭酸飲料の入ったペットボトルを振ると泡が吹きこぼれると思います。
それが食道や胃の中で起こっていると考えればよいでしょう。

 

【げっぷをすると楽になる理由】
その理由は単に胃の中が空気で膨らんでいる状態ですので胃が縮むことによって楽になります。
ただし無理にげっぷを出したとしても楽になるわけではありません。
上記のように炭酸飲料などを大量に飲んだ後などは楽になることが多いです。
無理をして出せばよいものではありませんが生理現象ですので自然に出るものは我慢せず排出することが大切です。

 

【出し方】
ただし苦しい、ゲップを出したいと感じても出ないこともあるかと思います。
その場合には出し方にはコツがあります。
息を吸いながら「あいうえお」と言ってみてください。
発声することによって喉の便が開きますので自然に出すことが出来ます。

 

【まとめ】
げっぷというのは我慢しても良くありませんし、出せないというのも良くありません。
子どもの場合には大人が出すことを促してあげる必要があります。
楽になる理由というのは多くは胃の負担が減ると考えれば良いでしょう。

スポンサーリンク