胃もたれ 眠気 頭痛 原因

胃もたれ、眠気、頭痛が同時に起こる原因/考えられる病気とは!?

スポンサーリンク

日々の生活の中で体の不調というのはあまり多いことではありません。
しかし何らかの症状が重複して起こる場合があります。

 

胃もたれや頭痛、眠気などの症状が起きている場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか。
その原因についてお話していきましょう。

 

 

【胃もたれとは…】
胃もたれというのは胃がムカムカする、胃が重く感じる、鈍痛がするなどのことを指します。
胃の消化機能が低下した場合や暴飲暴食、ストレスなどによって起こります。
主に飲み過ぎや食べ過ぎで起こることがほとんどです。

 

【頭痛とは…】
頭が痛い、この場合には皮膚などの表面の痛みではなく内側の痛みのことを指します。
誰にでも一度は経験がある症状だと思います。
慢性的に起こるものから病気が原因で起こるものまでさまざまです。

 

【眠気とは…】
眠い状態のことを指します。
睡眠不足で起こることがほとんどですが、食後や病気、飲酒などによっても起こることがあります。
生理的な現象で、外部からの刺激にも鈍感になっている状態です。

スポンサーリンク

【この3つが同時に起こる原因】
このような症状が重複して起こるということはどのようなことが考えられるのでしょうか。
胃もたれが起こっているということは食後である可能性が高いです。

 

まず一つ目は低血糖症です。
「低血糖症」
低血糖症というのは血液中のブドウ糖(糖分)が低下してしまうことによって脳がエネルギー不足の状態となってしまいます。
そのため脳が血管を収縮させてしまいます。
そのため頭痛が起こる原因となります。
胃もたれは食べ過ぎが引き起こし、さらに食後の眠気、低血糖症による頭痛が同時に起きていると考えられます。

 

「偏頭痛」
偏頭痛の原因というのは詳しくは解明されていませんがセロトニンという物質が影響していると言われています。
食後に起こることがあるようです。

 

「自律神経失調症」
自律神経が乱れているのを自律神経失調症と言います。
多くの場合はストレスによって引き起こされていると言われています。
自律神経が乱れていると胃腸の働きも低下してしまいます。
そのため胃もたれなどの症状が起こる場合があります。
さらに症状が同時に起こることがあります。
他にも動悸や不眠、手足の冷え、倦怠感などの症状が起こります。

 

「うつ病」
うつ病になる原因というのはさまざまなでストレスなどによって起こります。
頭痛、胃もたれ、他には倦怠感、腰痛、便秘、下痢などの症状が起こる場合もあります。

 

【まとめ】
考えられる原因というのはこのようなものが挙げられます。
胃腸の不調とともに他にも症状が出ている場合には重大な病気が隠れているかもしれませんのでおかしいと感じた場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク