息苦しい 胃がもたれる 理由

胃がもたれて息苦しい場合の理由とは?

スポンサーリンク

食べ過ぎてしまうことによって起こる胃もたれですがそのメカニズムはご存知でしょうか。
焼き肉や食べ放題などに行くと食べ過ぎてしまうこともありますよね!
胃というのは食べ物を消化する器官ですのでその働きが重要になります。
食べ物を消化してどろどろにしたのちに、十二指腸へと押し出します。
この運動をぜん動運動と呼んでいます。
しかし上述したように暴飲暴食など、何らかの原因によって胃の機能が低下することによって胃がもたれるなどの症状となって起こります。
その場合に息苦しさを伴う場合があります。
これは胃が弱っていると考えられます。
これは上記のように焼き肉で食べ過ぎてしまったりすることでも起きますしストレスなどによっても現れます。
息苦しさを伴う場合にはストレスが原因ではないかと言われています。
特に胃腸というのはストレスの影響を受けやすいものですので何らかのストレスを感じているのではないでしょうか。
その理由はストレスなどによって神経性の胃炎やストレス性の胃腸炎になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

このような理由から胃が弱っているため、余計に食べ物を消化する機能も弱っています。
その場合には消化不良を起こしてしまいますので胃の中に食べ物が残ります。
しかし他の病気となる可能性もありますので注意が必要です。
胃がんの場合は胃が重苦しくなったり、吐き気などの症状が現れます。
多くの場合は空腹時や食後に痛みが出ると言われています。
つわりの可能性もあります。
妊娠している場合にはこのケースもあります。
吐き気や食欲不振などの症状が現れますのでレントゲン検査は避けるようにしましょう。
アルコールを飲んだ場合にはアセトアルデヒドなどの二日酔いの原因となるものが悪影響を及ぼしている場合もあります。
風邪でも胃腸の調子は低下します。
このように考えられる理由はさまざまなものがあります。
胃がもたれているのは食べ過ぎと考えるのではなく症状を観察し、おかしいと感じた場合には病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク