胃もたれ 下痢 おなら 対処

胃もたれと共に下痢やおならの症状がある場合の対処方法

スポンサーリンク

胃もたれの症状は胃の中に食べ物が残ってしまうために起こります。
胃が重い、お腹が張っているなどさまざまな症状に見舞われます。

 

下痢やおならを伴う場合もあります。
その対処方法についてお話していきましょう。

 

これらの症状が慢性的に起こっている場合には過敏性腸症候群の可能性があります。
検査をしても大腸には異常が出ません。
しかし下痢、便秘などの症状が慢性的に繰り返すものです。

 

お腹の不快な症状が起こり、おなら、下痢だけでなく、不眠、頭痛、めまい、肩こり、背中の痛み、腰痛などの症状が起こります。
これには種類がいくつかあります。
下痢型、便秘型、混合型です。
主にストレスが原因で起こると言われています。

 

胃腸はストレスと密接な関係にあり、胃潰瘍などは有名な病気のひとつではないでしょうか。
しかし最も重要なことは大腸がんの疑いがあるということです。
大腸がんの場合には初期症状ではわかりません。
ただし血便を伴うこともあります。

スポンサーリンク

やはり慢性的に胃腸の不調が出ている場合には早めに病院へ行き検査を受けることが大切です。

 

おならの原因…食事の際に食べ物と共に空気が入る、食べ物が発酵したガスが出るものです。
下痢の原因…胃腸の働きが弱っている場合には消化不良になっていると考えられます。食べ物が吸収されずに腸に流れてしまうことによって起こります。

 

このことから胃腸が弱っていると下痢、おなら、胃もたれの症状が起こります。
起きている場合の対処方法はまずは消化をしやすくすることが大切です。
ドカ食いや早食いなどは避け、消化の良いものを食べるようにしましょう。
腹八分目も心がけるようにしましょう。

 

胃腸に気を遣うことによってこれらの症状を防ぐことが出来ます。
ただし慢性的に起きている場合には危険になる可能性もありますので注意しましょう。
その場合には消化器内科、内科などを受診しましょう。
専門的な知識を持っているのは消化器内科になります。
大腸がんの場合には致命傷になる可能性もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク