カレー 胃もたれ 原因

カレーが原因で胃もたれ…メリットとデメリットの考察

スポンサーリンク

胃もたれをする原因にはさまざまなことが考えられます。
代表されるものは暴飲暴食、油物や刺激物などの消化に時間がかかるものや消化の悪いものを食べ過ぎてしまった際に起こることが一番多いです。
少数派としては食事の時間が不規則、加齢、ストレスなどもその要因となることがあります。
【カレーが原因として胃もたれになる理由はどのようなことが考えられるのでしょうか??】
上述したように油物などの動物性の油、肉などを含むものは消化に時間がかかります。
カレーのルーには動物性の油脂が多く含まれています。
このルーが大きな影響を及ぼしています。
これを大量に摂取することによって消化に時間がかかりますので胃に食べ物が残る結果となり、胃がもたれることがあります。
また刺激物なども原因となりますので過度に辛い場合には胃に負担がかかってしまいますので胃の機能が低下してしまうことがあります。
このように胃に悪影響を及ぼしてしまうこともありますので食べ過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

しかしカレーは健康に良いとも言われています。
その効果についてもいくつか紹介していきましょう。
1、 ダイエット効果に期待できる!
スパイスには脂肪燃焼や血行を促進させる効果を期待できます。
脂肪を燃焼させてくれるということは体重の減少につながるかもしれません。
2、 冷え性を改善します!
これもスパイスが20種類以上含まれているため、消化吸収の促進、血行促進、新陳代謝を高める効果も期待できます。
ニンジンやジャガイモなどによって症状を改善させることができます。
3、 がん予防
クルクミンと呼ばれる物質が腸を通るときにテトラヒドラクルクミンという物質になります。
これは発がん性物質を撃退すると言われています。
4、 風邪予防
含まれているニンニクや生姜には抗細菌、抗ウイルスの効果に期待ができます。
これらのほかにもその効果はまだまだあります。
胃もたれの原因の一つとしてカレーを挙げてしまいましたが適量を食べることによってさまざまな効果が期待できるメリットもありますので試してみましょう。

スポンサーリンク