胃もたれ 解消 グレープフルーツ

胃もたれの解消にはグレープフルーツ!習慣病の予防にも!

スポンサーリンク

胃もたれというのは胃に食べ物が溜まっている状態です。
食べ過ぎなどによって起こるもので解消するためには胃酸の分泌を促し、消化を促進させる必要があります。

 

この場合にはグレープフルーツは効果があるのでしょうか??

 

 

まずグレープフルーツの成分についてお話していきましょう。

 

「イノシトール」
血管内の脂肪やコレステロールの代謝を促進します。

 

「ペクチン」
食物繊維のペクチンは血液中のコレステロール値を減少させ、腸内環境を整えます。

 

「リコピン」
抗酸化作用がありますので活性酸素を除去して脂肪がつきにくい身体になります。

 

「リモネン」
副交感神経を優位に働かせ、リラックス効果があります。

 

「ナリンギン」
皮付近に含まれているナリンギンになります。
ポリフェノールの一種で血液の中の脂肪酸を分解する作用があります。

 

胃もたれに効果が期待できるのはグレープフルーツが酸性であることです。
食べ物でいっぱいになっている胃の中を酸性にすることによって消化の促進が期待できます。

スポンサーリンク

食べ物が多くなってしまっている胃の中では酸性が薄くなってしまいます。
そのため、中性よりなっていますので酸性にすることによって胃酸の分泌を促します。
このように胃酸の分泌を促すことによって解消につながります。

 

そのまま食べてもいいですが、ジュースにして飲んでも効果が期待できます。
しかし胃もたれの症状がある場合には、食べることは難しい状態になっています。
そこで無理して食べても逆効果とある場合もありますので注意しましょう。

 

またビタミンCが多く含まれていますが、1個当たりに含まれている量は100mgです。
100mgを大きく超えて過剰摂取してしまうと下痢などの症状が起こる可能性もあります。
およそ1000mgほど取ると何らかの異常が出ると言われています。
過剰摂取には注意しましょう。

 

グレープフルーツはアンチエイジング、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などさまざまな病気の予防につながります。
異常があったときだけでなく日ごろから摂取量に気をつけて食べるようにしましょう。

スポンサーリンク