胃もたれ 続く 原因

胃もたれが続く原因とは!?胃炎、胃がんなどの病気のリスク

スポンサーリンク

胃もたれというのは食べ物が胃の中に停滞し、十二指腸へ送られないことが原因で起こります。
消化を促すことによって改善することが出来ます。
基本的には自然と治まっていくことが多いのです。

 

胃もたれが続くのはどのようなことが考えられるのでしょうか??

 

 

上述したように症状が長期間続かない場合にはそこまで心配はいりません。
単純に胃酸の分泌が追い付いていなかったんのかもしれません。
しかし長期間続いてしまっている場合には注意が必要です。

 

病気の可能性もありますので早めに病院で検査を受けましょう。
特に胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの病気の可能性があります。
胃もたれだけでなく、他にも胃痛、胸やけなどの症状が伴う場合もあります。

 

他には機能性ディスペプシアの可能性があります。
この場合には食後の胃もたれ、早期飽満感、みぞおちの痛み(心窩部痛)、灼熱感などの症状が起こります。
1週間、2週間ほどではなく、半年以上続いている場合、上記のどれかひとつでもあてはある場合には機能性ディスペプシアと診断されます。

スポンサーリンク

おそらく慢性的に継続している場合にはまずはこちらが疑われます。
しかしポリープやがんの可能性もありますのでしっかりと検査を行わなくてはなりません。
主にレントゲン、血液検査、心電図、超音波、内視鏡などの検査を行っていきます。

 

これらの検査を受けても問題ない場合に胃もたれが続く場合に「機能性ディスペプシア」と診断されます。
昔は神経性胃炎とも言われていましたが今はこちらの名前になります。
主に治療方法は対症療法になることがほとんどで、致命傷になることは多くはありません。
ストレスなどが原因となっている場合もあります。

 

治療方法については薬の服用だけでなくストレス発散の他にも生活習慣の見直し、規則正しい生活をすることも大切です。
胃もたれが続く場合には、重病の疑いもあります。
検査を受けて原因をはっきりさせることが大切ですので早めに検査を受けましょう。

スポンサーリンク