胃もたれ むくみ 関係

胃もたれとむくみの密接な関係!―知っておきたい原因症状―

スポンサーリンク

むくみというのは血管やリンパ管が停滞することによって皮膚の下に水分が溜まりパンパンになってしまうものです。
多くの場合には立ちっぱなしの状態や座りっぱなしなど血液の循環が悪くなるような場合に多く起こります。

 

胃もたれと密接な関係があるのでしょうか??

 

 

いくつかのことが考えられますのでお話していきましょう。
上述したようにむくみというのは血管がスムーズに流れないことによって起こっています。
運動不足、冷え性なども原因となることがあります。

 

胃もたれが起きている場合には食べ過ぎてしまっている状況が考えられます。
その場合には水分や塩分の摂り過ぎによって血液中の水分が増えることによって、余計な水分が溜まりやすい状態になります。
もちろん、これらのことが何個か重ねってしまっている場合にもむくみが起こる可能性があります。
これらが原因となっている場合には自然と治っていく場合がほとんどです。

 

注意しなければならないのは慢性的に胃もたれが起こっている場合です。

スポンサーリンク

むくみというのは足などに多く起こるものですが内臓にも起こります。
水分がしみだしてしまうことによって起こる症状ですが、これが内臓系に起こる場合があります。
これは心臓が何らかの原因によって血液を送る量が減っていると考えられます。

 

主に左心室のお語気が悪くなると起こり、血流が減ることによっては胃から心臓につながる血管に血液が溜まります。
まず肺がむくんで、そのあとに胃にも起こります。
そのため胃もたれの症状が起こります。

 

心臓→肺→胃→肝臓といった流れで起こり、その症状は咳→胃もたれ→倦怠感となります。

 

胃腸や腎臓にも達してしまった場合には下痢や頻尿も起こります。
要するに心臓に負担がかかってしまうことによって起こり、主な原因は生活習慣です。
動脈硬化などによって心臓へと負担がかかり、内臓のむくみを引き起こします。

 

これを検査するにはCT検査を行わなければなりません。
最悪の場合、致命傷になることもありますので注意しましょう。
このような状態を予防するためにも塩分の摂り過ぎには注意し、適度な運動やストレス発散などを行いましょう。

スポンサーリンク