ムコスタ 食べ過ぎ 胃もたれ 効果

ムコスタは食べ過ぎや胃もたれに効果がある?―徹底解説―

スポンサーリンク

食べ過ぎてしまった場合には胃もたれの症状が起こることがあります。
美味しいものを目の前にするとついついがっついてしまうこともあるでしょう。

 

そんな時にムコスタには効果があるのでしょうか??

 

 

ムコスタというのは非常に安全だと言われています。
基本的には胃潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎などの胃に異常が出ている場合に使用されているものです。
主な効果は胃を保護する目的で使用され、胃の粘膜を修復する目的で使用されています。

 

難しく説明するとプロスタグランジンという成分を増やし、胃の粘膜を修復し炎症を抑えます。
胃潰瘍などの病気だけでなく、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)の副作用によって胃が荒れてしまうことを防ぐ目的でも使用されることがあります。
NSAIDsというのはロキソニンやボルタレン、セレコックスなどのことを言います。

 

ロキソニンを服用する際に胃を保護する目的で併用されます。
またピロリ菌による胃腸の荒れなどにも効果があると言われています。

スポンサーリンク

このように万能なムコスタですが食べ過ぎによる胃もたれには効くのでしょうか?

 

上述したように、この薬は胃もたれ専用に作られたものではありません。
食べ過ぎてしまったことによって胃に食べ物が停滞しているのが胃もたれです。
この場合には胃酸の分泌を促す必要がありますので、即効性という効果はできないと言えるでしょう。

 

しかし胃の粘膜が荒れていることによって不調が起こっている場合には効果が期待できます。
ただし即効性は期待できません。
胃潰瘍や胃炎などの病気は胃酸過多によって胃の粘膜が傷ついてしまうものです。

 

ムコスタの作用は胃の粘膜の分泌を増やし、胃酸から胃壁を守るものです。
胃壁というのは胃酸を中和する働きがありますので胃もたれを改善する場合には胃酸を中和するのは逆効果となる場合もあります。
このようなことが考えられます。

 

食べ過ぎてしまったと感じた場合には総合胃腸薬などの薬がオススメです。
ムコスタは非常に安全で副作用が少ないと言われています。
副作用の発生は0.54%と言われるほどの安全性です。
ただし副作用はゼロというわけではありませんので用法用量を守って使用しましょう。

スポンサーリンク