胃もたれ 薬 効かない

胃もたれで薬が効かない場合の注意点とは!?

スポンサーリンク

胃の働きは口から入ってきた食べ物を消化する器官です。
消化した食べ物はどろどろに溶けて十二指腸へと押し出されます。
このような働きを胃のぜん動運動と言います。
他にもタンパク質を分解したり、食べ物と一緒に入ってきた細菌を殺菌する能力もあります。
しかしこの働きが低下してしまうことがあります。
その原因とは暴飲暴食、油物や刺激物などの消化に時間がかかるものを食べ過ぎた時、腹側な時間に食べたり、さらにはストレスなどによっても胃の働きが低下してしまい運動機能が滞ることによって食べ物が胃にとどまってしまいます。
そのため胃もたれとなって症状として現れます。
【薬が効かないとはどのようなことが考えられるのでしょうか??】
「選んだものが間違っている場合」
胃がもたれていたり、胸がつかえているような場合には上記のことが考えられますので胃の働きを促進させなくてはなりません。
胃酸の分泌を促進させるものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

胃が痛い、胸焼け、胃のムカムカなどの症状がある場合には胃もたれとは違います。
この場合は胃酸が多く分泌されています。
そのため胃の働きを促進させる(胃酸を分泌させる)ものを選んでしまうと効かない、症状が悪化するなどのことが起こります。
胸焼けなどの場合には胃酸の分泌を抑えるものを選ばなければなりません。
このように薬によっても効果が違いますので確認してから服用するようにして下さい。
またドラッグストアなどので購入する場合には薬剤師に相談して購入するようにしましょう。
他にも胃もたれは胃潰瘍や胃がんの場合もあります。
胃潰瘍も同じような症状があり、多くの場合は腹部の痛みや吐き気などの症状が伴うこともありますので、その場合にはすぐに異変に気付けるのですが症状が軽い場合には悪化してからでないと気付けない場合があります。
これらのことは詳しい検査をしなければわからない場合もあります。
正しい薬を選んでいても効かない場合には注意が必要ですので病院を受診しましょう。

スポンサーリンク