胃もたれ 胸焼け 原因

胃もたれと胸やけの原因について詳しく解説します

スポンサーリンク

胃腸というのは食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレス、過労、病気などさまざまなことの影響を受けやすい器官です。
そのため起こる症状もさまざまで胃痛、胃もたれ、胸やけ、吐き気、食欲不振、下痢などの症状が挙げられます。
そこで今回は胃もたれと胸やけの原因についてお話ししていきましょう。
【胃もたれとは!?】
食べ物が胃の中に停滞してしまうことによって起こります。
胃が重い、胃が重苦しいなどの症状が現れます。
通常では胃の中に送られて生きた食べ物は胃酸によって消化され十二指腸へと送られます。
その働きをぜん動運動と言いますが、この働きが低下してしまうことによって停滞してしまいます。
その原因には上述したように飲み過ぎや食べ過ぎによる暴飲暴食、ストレスなどの精神的要因、加齢や生活習慣の乱れなどによる胃腸の機能の低下、その他の病気の影響、ピロリ菌などの細菌によるものなどが考えられます。
このような状態になってしまうと食欲がなかったり、胃の不快感、胃が重苦しいなどの症状が現れます。

スポンサーリンク

【胸やけとは!?】
読んで字のごとく胸の辺りが焼けるような感じがある状態のことを指します。
胃がもたれるとは少し異なります。
胃というよりは食道あたりに不快感が出ますので患部は少し上部になります。
胃酸が多く分泌されてしまうと食道側へと胃酸が逆流することによってこのような症状が起こります。
胃酸というのは金属を溶かしてしまうほどの強い酸性と言われていますので食道が刺激されることによって起こります。
また逆流性食道炎の主な症状はこの症状ですので慢性的に起こっている場合には注意が必要です。
【胃痛とは!?】
上記の二つは胃痛とは少し異なります。
胃痛というのはきりきりとした痛みなどの胃に痛みがある状態のことを指します。
これは胃酸と胃粘膜のバランスが崩れてしまうことによって起こります。
胃の中に炎症が起きてしまうと胃潰瘍などを発症してしまう可能性もありますので注意してください。

スポンサーリンク