胃もたれ 吐き気 むくみ

胃もたれでむくみが伴い吐き気がある…その原因とは!?

スポンサーリンク

胃もたれというのは食べ過ぎてしまった後などに見られる症状で、胃が重苦しいなどといった感覚のことです。
この症状になってしまうと身体が重くなり、横になりたくなりますよね!
横になる場合には右側を下にすることによって消化が促されますので試してみてください。
今回は胃もたれとむくみの関係についてお話していきましょう。
胃が重苦しいなどの症状が起こると吐き気や胸やけなどの症状も伴うことがあります。
それと同時にむくみが起こるということは水分が関係してきます。
むくみが起こる原因は身体の中の水分が細胞の隙間に溜まってしまっている状態です。
特に女性や高齢者に多く見られ、顔や手、足などの場所によく見られます。
これは血液の循環が悪くなると起こると言われ、自律神経の乱れなどによっても起こると考えられています。
冷え性の場合も同様で血液の循環が悪くなることによって起こります。
運動不足もその要因となることがあり、筋肉量が減ることによって血行が悪くなったり、代謝不良になったりしまうのでむくんでしまうことがあります。

スポンサーリンク

胃もたれや吐き気と関係している原因は偏食やアルコールの飲みすぎなどが関係していると考えられます。
刺激の強いものや味付けの濃いものを食べると水分と塩分のバランスが崩れます。
またアルコールの摂取によって血中アルコール濃度を下げようと身体が水分を溜めようとする働きが起こりますので、その場合にもむくんでしまいます。
そして味付けの濃いものや刺激の強いもの、脂っこいものなどを食べ過ぎてしまうと胃もたれの症状が起き、さらには吐き気や胸やけなどの症状が起こる場合もあります。
これらの症状が起こっている場合には食べ物が原因であると考えられます。
早食い、ドカ食いは避け、ゆっくり噛んで時間をかけて食べることによって症状を予防することも出来ます。
むくみがある場合にはカリウムやポリフェノール、サポニン、ビタミンB1などの成分が含んだ食品を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク