胃もたれ 感覚 分からない

胃もたれの感覚がわからない人へお伝えします

スポンサーリンク

食べ過ぎや飲み過ぎなどによって起こる胃腸の不調のひとつに胃もたれという症状があります。
感覚がわからないという人のために、その症状について解説していきましょう。
これは胃の中の食べ物が排出されずに溜まってしまうことによって起こります。
本来であれば胃の中のものは胃酸によって溶かされ十二指腸へと押し出されます。
この運動のことをぜん動運動と言いますが、この機能が何らかの原因によって低下してしまうことによって起こります。
その症状というのは胃にものが溜まっている状況ですので胃が重苦しいような感じ、胃が重いと表現する人もいます。
他にも胃が張っている、膨満感があるなど、その表現方法はさまざまです。
胃腸の痛みなどは人によっても感じ方が違いますので胃の異常を感じ取りましょう。
胃もたれがある場合には、他にも吐き気や食欲不振、胸やけなどの症状がある場合もあります。
胸やけというのは胃が重くなる状態とは少し違います。
胃がムカムカする、食道の辺りに焼けるような感じなどの症状が現れます。

スポンサーリンク

これは胃酸が多くなってしまい食道あたりにまで逆流することによって起こります。
しかしこの感覚がわからないという人はいます。
特に日本人では少ないのですが欧米人には多いと言われています。
欧米人は太っている人が多いですよね??
これは消化酵素や胃酸などが多く分泌されていると考えられています。
多く分泌されているということはポテトや揚げ物、炭酸飲料などを食べても胃もたれや胸やけが起こりにくくなります。
また夏でも食欲が落ちにくいため、肥満になりやすいとも言われています。
欧米人や肥満傾向のある人は上記のような症状の感覚がわからない傾向があります。
このような人は血液が綺麗である場合が多いです。
さらに栄養素の吸収能力も高いと考えられますので決して悪いことではありません。
しかし胃もたれや胸やけを感じないということは質の悪い食事をしても、その影響を受けないということにもなりますので注意が必要です。

スポンサーリンク