胃もたれ 薬 市販

胃もたれに効く市販の薬には種類が多すぎる…解説していきます!

スポンサーリンク

胃もたれと言ってもいくつかの種類があります。
その種類に応じて薬を選ぶ必要があります。
食べ過ぎなどの暴飲暴食によって起こるもの、ストレスや疲労などによって起こるもの、運動不足や不規則な生活などの生活習慣の乱れ、ピロリ菌などの細菌によるもの、このように胃腸の不調というのはさまざまなことが原因となって起こります。
これらのことが原因となって胃腸の働きが低下してしまうことによって胃もたれが起こります。
多くの場合は市販の薬を服用して治そうと考える人が多いと思いますので、その種類を見てみましょう。
整腸剤…胃粘膜の分泌を高めて消化を促進させます。
粘膜修復、制酸剤…荒れた胃の粘膜を修復し胃酸を中和してくれます。
健胃剤…胃の働きを高め消化を促進させます。
消化剤…その名のとおり消化を助けます。
鎮痛鎮痙剤…胃痛を抑える効果を期待できます。
H2ブロッカー(酸分泌抑制剤)…胃酸の分泌を抑えます。
総合胃腸薬…さまざまな胃腸の不調に対応してくれます。
このように市販のものでも、さまざまな種類のものが販売されていますので自分の症状にあったものを選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

特に胃酸が分泌されずに胃の中に食べ物がとどまってしまっている状況のところへ酸分泌抑制剤を服用してしまうと症状が悪化することもありますし、その逆も同じです。
胃酸が多く分泌されており、胃酸過多となっている状況のところへ胃酸の分泌を促進させるものを服用してしまうと逆効果になってしまうこともあります。
飲むタイミングが決まっているものもあります。
健胃剤などは食前に飲むことによって胃腸のバランスを整えてくれます。
消化剤は食後に飲むのが良いとされており、制酸剤は食間や就寝前などの胃酸が多く出ている状況で服用するのが効果があると言われています。
このように市販のものでも相当な種類があります。
ドラッグストアなどで市販薬を購入する場合には薬剤師に相談してから購入しましょう。

スポンサーリンク