胃もたれ 1週間 続く

胃もたれが1週間続く場合に考えられること

スポンサーリンク

胃もたれというのは胃に食べ物が残っていることによっておこります。
通常であれば胃は食べ物をドロドロに溶かして十二指腸へと送り出します。

 

これをぜん動運動と言います。
しかし何らかの原因によってぜん動運動が低下してしまうことによって、胃の中に食べ物が残ってしまう状況になります。

 

この症状が1週間続くことがあるのでしょうか??

 

これは更年期障害によるものもあります。
更年期障害によって胃腸の働きが低下してしまうことも原因の一つとなります。
胃がもたれたりムカムカする、胃痛などの症状を伴うこともあります。

 

この場合は胃腸の機能の低下によるものですので他にも便秘や下痢などの症状が出る場合もあります。
更年期障害の自律神経の乱れが原因となります。

 

他にも胃腸というのはストレスなどの影響も受けやすいと言われています。
ストレスや過労などの精神的に負担がかかると下痢などの症状になるという経験はあるのではないでしょうか。
精神的に負担がかかることによって脳が異常サインを出すことにより起こります。

スポンサーリンク

精神的なことが原因となる一つに機能性ディスペプシアと呼ばれるものがあります。
今現在は原因はハッキリと解明されてはいませんが几帳面な人や周りに気を遣う人などのストレスを溜めやすい人がなりやすいと言われています。
胃もたれの他にも胸やけ、膨満感、胃痛、胃のムカムカなどの症状が出ることもあります。
食べ過ぎや飲み過ぎなどの原因がはっきりしていれば当てはまらないのですが、原因がはっきりしない場合はこのような病気とも考えられます。
上記のような症状が継続的、もしくは断続的に起こっている場合にこの病気と診断されることがあります。
この病気は内視鏡や胃カメラでも異常が見られない場合も多いです。

 

このように1週間続いている場合に考えられるものはさまざまなものがあります。
他にも胃潰瘍、胃がん、急性胃炎などの疑いもありますのでおかしいと感じた場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク