食後 胃もたれ 動悸

食後に胃もたれと動悸がする原因とは!?

スポンサーリンク

胃もたれというのはさまざまなことが原因となって起こりえますが、最も多いのは食べ過ぎや飲み過ぎなどによるものが多いと言われています。
しかしストレスや疲労などの精神的な要因によっても起こります。
胃腸というのはストレスなどを感じると脳からの異常サインを受けやすく吐き気や嘔吐などの症状を引き起こすことがあります。
ストレスなどが原因で動悸が起こることもあります。
【では食後に胃もたれと動悸が起こるというのはどのようなことが考えられるのでしょうか??】
階段の上り下り、職場などでの発表、ホラー映画鑑賞などの一種の緊張や運動をすると息切れとともに動悸がするということは経験があると思います。
通常の脈拍がこれらのことが要因大人って1分間に120を超えるような脈拍数になることがあります。
食後に起こるのには4つ考えられます。
1、 消化しているために起こるエネルギーの消費
食べた後に消化し吸収しますが、その際に血液が流れ込んでいきますので血液を送ろうと心臓も早く動きます。

スポンサーリンク

そのため脈拍が早くなっていると考えられます。
2、 副交感神経によるもの
副交感神経が刺激を受けると血管が広がりますので心拍数が上がることがあります。
3、 胃腸が不調の場合
何らかの原因によって胃腸の働きが低下していると胃酸が逆流し食道が炎症を起こしてしまうこともあります。
個人差はありますが動悸などの症状が出てしまうことがあります。
4、 内臓を圧迫してしまう
食べ過ぎてしまうと胃が膨張します。
普段しぼんでいる胃も食べ物が入ってくることによって膨らみます。
膨らむことによって内臓が圧迫され血流が悪くなり酸素不足になります。
そのため心臓が働きますので脈が速くなります。

 

この4つのことが考えられます。
胃もたれだけであればその原因を解決することによって改善できますが、ストレスなどの原因によって動悸が起きている可能性もあります。
また他の病気が隠れている場合もありますので長時間続いたり、おかしいと感じた場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク