胃もたれ 長期 原因

胃もたれが長期的に続く原因とは!?

スポンサーリンク

胃もたれになる原因として食べ過ぎなどがすぐに思いつきますよね。
食べ過ぎてしまった後は胃が重苦しい、不快感、ムカムカ、膨満感など苦しい状態になってしまうと思います。
その状態が長期的に続く場合があります。
それにはどのようなことが考えられるのでしょうか??
アルコールを飲み過ぎてしまった、毎日食べ過ぎているというようなことが続いている場合にはそれをやめることによって症状が改善されます。
この場合は特に心配はいりませんが、原因がわからない場合には注意が必要です。
胃がん、胃潰瘍、胃炎などの症状で胃もたれが出る場合があります。
特に胃がんは初期症状はほとんどないと言われていますので注意しましょう。
胃潰瘍や胃炎の場合には胃の中に炎症が起こっている場合がほとんどですので胃痛や胸やけ、吐き気などの症状が伴っていることも多いのですので異変には気付きやすいです。
他にも胃腸というのは精神的な要因によって変化が現れると言われています。

スポンサーリンク

精神的な要因というのはストレスや過労などによる自律神経の乱れなどです。
過度なストレスを感じると脳が異常サインを出します。
そのため胃腸に異常が出たり、身体がだるいなどの症状が出る場合があります。
ストレスなどが原因となる胃腸の病気のひとつに機能性ディスペプシアと呼ばれるものがあります。
今現在は原因はハッキリしていませんがストレスや過労が原因と言われています。
長期にわたって胃の不調が出ている場合にはこの病気の可能性もあります。
ストレスを受けることによってストレスホルモンが分泌されますが、それが胃腸には悪影響を及ぼします。
胃の機能の低下も起こしますので精神的な要因は十分に考えられます。
長期的に起きている場合はストレスなどが原因ではないかと考えられますのでその要因を取り除くのが先決です。
規則正しい生活や適度な運動、食事はゆっくりと食べるなどを心がけることによって症状が改善することが期待できます。

スポンサーリンク