胃もたれ 吐き気 寝る 向き

胃もたれで吐き気がある際の寝る向きは右側??

スポンサーリンク

胃もたれを起こしてしまうと胃が重苦しくなって辛い状況になります。
これは胃の中の食べ物が十二指腸へと送られずにとどまってしまうことによって起こります。
要するに胃の内容物が入っているため重くなっている状態が続いてしまうと症状として現れます。
多くの場合は消化に悪い食べ物、揚げ物などの脂っこいものなどを食べ過ぎてしまうことによって起こります。
他にもストレスや過労などの影響も胃腸は受けやすいこともあり、それが原因となっている場合もあります。
胃が重苦しく、むかつき、吐き気などを起こしている状態だと横になりたくなりますよね。
そんなときにオススメの寝る向きを紹介しましょう。

 

これはずばり「身体の右側を下」にして横になりましょう。
これは横になれる環境さえあればすぐに試せますので試してみてください。
これにはきちんと理由があります。
その理由というのは胃の形が大きく影響しています。
横になる場合には右を向いて右側を下にします。

スポンサーリンク

これは簡単に説明すると胃の出口が右側にあります。
入り口が左側にありますので食べ物は右側へと流れていきます。
そのため右側を下にするということは食べ物が流れやすくなる=消化を促すことにつながります。
胃に入ってきた食べ物は胃で消化され溶かされて十二指腸へと押し出されます。
この働きをぜん動運動と言いますが、ぜん動運動を促すことによって胃の負担が軽くなりますのでお勧めです。
吐き気がある場合にも右側を下にすることによって食道を逆流してくることを防ぐ効果も期待できますので吐き気がある場合にも試してみてください。
この寝る向きは食後のある程度時間が経ってからのお話です。
食後すぐに横になる場合には左側を下にして寝る方が消化を促進させることが出来ます。
それは食後は胃の上部に食べ物が溜まります。
そのため胃の構造上右側を下にしてしまうと食道側に食べ物が上がってきてしまいますので逆流する結果となります。
食事をした直後は左向きになり左側を下にして横になりましょう。

スポンサーリンク