胃もたれ 血抜き やり方

胃もたれで血抜きをするやり方とは!?オススメ解消法紹介

スポンサーリンク

胃もたれというのは食べ物が十二指腸へ排出されずに胃の中へと残ってしまうことによって起こります。
多くの場合は胃の内容物を消化させることを促進させることによって解消します。

 

その解消方法についていくつか紹介していきましょう。

 

韓国ドラマなどで見かける親指に鍼を指して血抜きをする治療方法があります。
これは立派な治療方法で胃もたれを改善させる効果を期待できます。
親指の爪の下あたりに消化不良のツボがありますので鍼を指すことによって赤黒い血を血抜きするというやり方です。

 

血抜きするだけで改善するのかと疑問になりますが韓国ではよく行っているそうです。
やり方は鍼で指すだけですのでとても簡単ですが出血を伴いますし、消毒を行っていないと二次感染の危険性もありますので専門の人の立ち合いの元で行うようにしましょう。

 

消化を促進する食べ物を食べましょう。
代表的なものにはリンゴ、大根、キャベツなどがあります。
大根はジアスターゼと呼ばれる消化酵素が含まれていますので消化を促進させるのに適しています。

スポンサーリンク

ただし熱を通してしまうと消化酵素が酸化してしまいますので生で食べることがお勧めです。
大根おろしや大根サラダなどの食べ方が効果を期待できます。
キャベツにはキャベジンという栄養素が含まれており、胃腸の粘膜などを修復してくれる効果があると言われています。
ジアスターゼと同様に熱に弱いです。
ただし水に溶けやすいですので鍋などに入れて汁を飲むこともオススメです。

 

リンゴには消化を助けてくれます。
リンゴジュースなどすりおろすことによって消化しやすくなります。

 

消化に良い食べ物を食べることによって予防ともなりますので胃もたれしやすい人は積極的に食べるようにしましょう。
胃もたれしてしまった場合には横になりたいと思いますよね。
その場合は身体の右側を下にして横になることによって消化を促進させる効果が期待できますので右側を下にして左を向いて横になりましょう。

スポンサーリンク