胃もたれ げっぷ 胃がん

胃もたれにげっぷは胃がんの初期症状!?

スポンサーリンク

ひとつに胃もたれが起きる原因と言ってもさまざまなことが考えられます。
早食い、ドカ食いなどの暴飲暴食、遅い時間の食事、不規則な食事などの生活習慣の乱れ、ストレスや過労などによる精神的要因、その他の病気
大まかに挙げるとこのようなことが原因となって起こる場合がほとんどです。
特に注意すべきなのは他の病気です。
【胃がんの可能性とはどのようなことが考えられるのでしょうか??】
ただこの病気は初期症状があまり出ないのでわかりにくいと言われていますので症状をよく観察することが大切です。
その症状について見ていきましょう。
胃がんというのは胃の内側の胃の粘膜下層から始まり、進行していくと外側にも及びます。
上述したように初期症状はほとんどありませんので進行しないと症状が出ません。
ある程度進んだ段階で上腹部の痛み、吐き気、げっぷ、胃の不快感などの症状が出るようになります。
しかしその段階では症状があったりなかったりします。

スポンサーリンク

胃もたれが起きている場合には胃の出口、十二指腸への入り口に近い場所で患部が大きくなった場合には胃の内容物が十二指腸へと送りにくくなります。
そのため胃の膨満感や胃もたれ、吐き気、嘔吐などの症状が出ることがあります。
胃もたれというのは胃の中の内容物が溜まってしまうために起こりますので、このような症状が起こりやすくなります。
またげっぷが頻発している場合にも注意が必要です。
げっぷというのは腸の中のガスや空気が口から出ることです。
胃がんになると胃の中がただれてしまうこともありますので胃液が分泌されにくい状況となる場合があります。
そのため消化不良を起こしている可能性があります。
げっぷや胃の不快感などの症状もあることがありますので覚えておきましょう。
このように徐々に症状が現れます。
そのため日ごろから胃の状態には気を付けておきましょう。
早期発見によって内視鏡での切除も可能で短期入院のみで済むこともあります。

スポンサーリンク