だるい 眠い 胃もたれ

胃もたれして眠いしだるい…その原因とは!?

スポンサーリンク

暴飲暴食、過度なストレス、生活習慣の乱れなど、さまざまな要因が胃もたれという症状を引き起こします。
それは胃が重く感じたり、重苦しい、胃の痛みというよりは胃が重いといった感じのほうがわかりやすいかもしれません。

 

その際に「だるい、眠い」という症状が出る場合はあるのでしょうか??

 

これには自律神経の乱れが関係しているかもしれません。
胃腸というのはストレスによる影響を受けやすいと言われています。
上記のような症状がある場合には寝れないことが原因、もしくは眠りが浅いということが原因となって起こっている場合があります。

 

疲労やストレスを強く感じた場合に脳というのは身体に異常サインを送ります。
嘔吐中枢を刺激することによって吐き気、嘔吐など、それに伴って胃もたれや胃痛などの症状が出ることもあります。

 

精神的要因によって胃酸の分泌量のバランスが崩れることがあり、その場合には胃潰瘍を発症する可能性もあります。
これは胃の粘膜が傷つけられてしまうために起こる病気です。

スポンサーリンク

その他にも不安感や、めまい、頭痛、倦怠感などの症状が出ることもありますのでストレスを溜めないというのは重要なことです。
これには睡眠を妨げてしまうこともあります。

 

睡眠というのはレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すと言われていますが、ノンレム睡眠が影響しています。
これは眠りに入ってから初めの3時間の深い眠りのことを指します。
このあとに脳や身体というのは疲労回復などを行っています。

 

そのため睡眠時間が削られたり、ストレスなどによって睡眠の質が落ちてしまうと寝不足となり「だるい、眠い」といった症状が出る場合があります。
胃もたれが繰り返す病気のひとつに機能性ディスペプシアと呼ばれる病気があります。
現在、原因は解明されていませんがストレスなどによって引き起こされると言われています。
その症状は胃もたれが週に数回、吐き気、胃の痛み、寝不足、げっぷ、胸やけなどの症状が現れます。

 

このように精神面も大きくかかわっていますのでストレス発散などを心がけましょう。

スポンサーリンク