ピロリ菌 大人 移る

ピロリ菌は大人でも移る?おもな感染経路を解説

スポンサーリンク

ピロリ菌の感染経路についてはかなり研究が進んでおり、移る危険性が高いシチュエーションもわかっています。
抵抗力のある大人でもピロリ菌は簡単に移るのでしょうか。
子どもへの感染をふせぐために大人がとるべき対応についてもまとめました。

 

 

【ピロリ菌はこうして移る!感染経路を把握して正しい対策を】

 

ピロリ菌は基本的に飛沫感染によって移る細菌です。
つまり、ピロリ菌が繁殖した水を飲んだり、保菌者の体液に触れるような濃厚接触を行ったりした場合に感染のリスクが高まると考えられています。
濃厚接触といっても、通常レベルの抵抗力をもった大人同士の場合、キスなどで簡単に移ることはありません。
ただし、抵抗力の弱い子どもの場合、両親の唾液を通して移るケースが考えられるため、大人が食べ物を口移しで与えたりしないように注意する必要があります。

 

スポンサーリンク

【家庭に朗報!細菌の活動をおさえる食品】

 

おもに飛沫感染によって移るピロリ菌。
大人の場合、感染がわかったら薬品による除菌治療が基本となりますが、時間がなくてなかなか病院へ行けないという方には、毎日の食事によってピロリ菌の活動をおさえるアプローチをおすすめします。
ヌルヌル成分を多く含んだ海藻類やマヌカハニー(ハチミツの一種)などはピロリ菌の体内での活動を抑制する効果があるとされ、粘膜への影響を最小限に抑える食品としてここ数年注目されています。
忙しい大人の強い味方、と言えそうですね。
ただし、これらの食品には滅菌作用があるわけではなく、毎日摂取したからといって菌を殺してくれるわけではありません。
食事療法はあくまで対症療法にとどめ、根本的に治したい場合には専門機関による除菌治療を受けるようにしましょう。

 

 

ピロリ菌の移るルートは飛沫感染にほぼ限定されています。
健康な大人であればキス程度の接触で移ることはありませんが、子どもは抵抗力が弱いため、両親の唾液によって感染しないように注意する必要があります。
毎日の食事によっても細菌の活動をおさえることができるため、忙しい方はぜひともお試しください。

スポンサーリンク