ピロリ菌 除菌 コーヒー

ピロリ菌の除菌中にコーヒーを飲むとどうなる?

スポンサーリンク

ピロリ菌の除菌治療では作用の強い薬を使うことになります。
薬の効果を最大限に高めるため、除菌中は飲料などを制限される場合があります。
代表的なのはお酒ですが、コーヒーも制限の対象になるのでしょうか。
ピロリ菌とコーヒーとの関係についてまとめました。

 

 

【コーヒーの摂取が除菌に与える影響】

 

飲み物が制限される基準は、治療に使う薬にどの程度の影響を与えるか、ということで決まります。
除菌中の飲酒が禁忌とされるのは、アルコールの成分が治療薬の殺菌作用を弱めてしまうためです。
アルコールほどではありませんが、コーヒーも薬の作用を弱める「負の効果」があるとされ、除菌治療中は原則として摂取が禁止されることになります。
薬の服用期間が終わり、ピロリ菌が完全に滅菌されたことが確認されれば制限はなくなるため、長くても数週間程度の我慢ということになります。

 

スポンサーリンク

【ピロリ菌治療中にコーヒーを飲むとどうなる?】

 

ピロリ菌の除菌に飲料の制限が必要だとわかってはいても、日頃の習慣でついついコーヒーを飲みたくなってしまう人も多いのではないでしょうか。
除菌中や除菌後すぐにコーヒーなど刺激の強い飲料を摂取すると、飲み物にふくまれる成分と薬の作用が拮抗し、薬の効果が存分に得られなくなってしまいます。
また、ピロリ菌除菌中は薬の副作用によって胃や肝臓の免疫機能が低下しているため、普段は問題のないコーヒーの刺激でも体が過敏に反応し、粘膜などが傷ついてしまう恐れがあります。
アルコールにも同様の作用があるため、担当医から禁忌と言われた飲料については治療中は飲まないようにしましょう。

 

 

コーヒーは刺激の強い飲み物であるため、ピロリ菌治療中は原則として摂取が制限されます。
刺激の強い飲料は薬の作用を弱めるだけでなく胃の粘膜などを傷つけてしまうため、またべつの二次症状を引き起こしてしまう恐れがあります。
どうしても飲みたくなった場合は治療の意味をよく考え、摂取によるデメリットを思い出すようにすると無理なく我慢できると言われています。

スポンサーリンク