ピロリ菌 除菌 ヤクルト 理由

ピロリ菌の除菌にヤクルトが効果があると言われる理由

スポンサーリンク

ピロリ菌の除菌にヤクルトが良いという意見があります。
どういう理由なのか調べてみましょう。

 

 

【ピロリ菌】
ピロリ菌は、胃の粘膜に住み着き、胃壁を傷つける細菌です。
感染経路ははっきりとは分っていませんが、食べ物や飲み物から感染しやすいと言われています。

 

 

罹患したら除菌が望ましいとされています。
その理由ですが、日本人の50パーセント以上が感染しており、中でも50代以降では保持者の割合が70パーセント以上に達します。
胃がん患者の80パーセント以上が感染者であるとの報告もされています。

 

 

このように胃の病気の理由となるので、除菌が勧められます。
除菌療法では胃酸分泌抑制薬と抗生物質を服用することになります。

 

スポンサーリンク

【ヤクルトとは】
ヤクルトには、「生きて腸まで届く」といわれている乳酸菌シロタ株が沢山含まれています。
乳酸菌シロタ株は、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。
ですから、ヤクルトを飲むことは、胃腸にとても良いことが分かります。
そのため、ピロリ菌対策を考えている人が、弱った胃の健康を回復するために、定期的に飲むのは理由があるといえます。
ただ、ヤクルト自体にはピロリ菌の除菌効果が報告されているわけではありませんから、あくまでピロリ菌対策のアシスタント役として用いる程度ということを忘れないようにしましょう。

 

 

また、ヤクルトBF-1という商品もあります。
乳酸菌シロタ株ではなくビフィズス菌「ビフィドバクテリウム属ビフィダム種ヤクルト株」を使用した乳酸菌飲料です。
このBF-1に使用されているビフィズス菌は、胃腸でのビフィズス菌の生存率を高めるために開発されたものです。
そのため、通常の乳酸菌やビフィズス菌よりも胃の粘膜などにピッタリとくっつきやすく、胃酸の中でも生き続けることができるのが特徴です。
この理由から、胃の粘膜の炎症を抑える、あるいはピロリ菌の働きを抑えるといった作用があるとしてよく知られています。

 

 

上記の理由から、通常のヤクルトでも胃腸の健康のために効果がありますが、ピロリ菌の除菌効果を高めたいなら、除菌のサポートとしてBF-1を飲むようにすると良いでしょう。

 

 

除菌とまではいかなくても、ピロリ菌にかかったときにヤクルトを飲む理由があることがわかりましたね。

スポンサーリンク