胃もたれ げっぷ 軟便

胃もたれでげっぷや軟便が多くなる!?他の病気かも?

スポンサーリンク

胃もたれというのは食べた物が胃の中に溜まってしまったために起こる症状です。
通常であれば胃の中で胃酸によって溶かされどろどろの状態となり、十二指腸へと押し出されます。
しかし何らかの原因によって溜まってしまう場合がありますのでこの状況になってしまいます。
げっぷと軟便が多い場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか。
げっぷというのは空気やガスが口から出ることです。
これは生理現象ですので通常時でも起こりますが多くなっている場合には以下のことが挙げられます。
これは食べているときなどにいつもより多く空気を食べ物と一緒に飲み込んでしまっていると考えられますので早食いなどでよく噛んで食べていないことが考えれます。
他には精神的に不安定な場合や鼻で呼吸が出来ないような場合でも起こる場合があります。
また胃酸過多になっている可能性もあります。
これは胸やけも同時に起きている可能性が高いです。
カフェインやアルコールの飲み過ぎ、ストレスなどの影響によってなりやすい状態です。

スポンサーリンク

軟便というのは便が柔らかい状態ですので下痢のような状態です。
胃もたれを起こしている状態だと腸内環境が低下している考えられます。
そのため胃のぜん動運動に異常が出ているため水分量が増加してしまうことによって下痢になってしまうことがあります。
軟便というのは通常よりも少し柔らかいもの、下痢というのは液状に近いもののことを指しますので似てるのですが少々違います。
これらの症状がひどい場合にはいくつかの病気である可能性があります。
それは胃潰瘍、胃炎、胃がん、胆石症などさまざまな病気でこのような症状が出ます。
そのためどれと特定することは難しいですが症状がひどい場合には病院を受診することをお勧めします。
ただのげっぷや軟便と思わずに注意が必要な状態かもしれません。
胃もたれというのはみぞおち辺りから肋骨の下あたりにかけての不快感が起きていることが多いです。
正しい知識で症状を分析しましょう。

スポンサーリンク