ピロリ菌 除菌 痩せる

ピロリ菌を除菌すると痩せる?

スポンサーリンク

ピロリ菌の感染があるとわかった後に行われる除菌治療の後、体重の増減を感じる人は少なからずいます。
痩せる、という人もいれば、その逆に体重が増加してしまう人もいます。
これらのような変化は何故起こるのでしょうか。

 

 

【ピロリ菌の除菌と体重について】
ピロリ菌は私たちの胃に住み着く細菌の一種です。
この感染が胃に起こる病気や不調の原因ともされています。
そしてピロリ菌の治療として行われるのが除菌です。
この除菌治療のあと、少なからず体重の増減を感じる人がいます。
痩せる人も太る人も、どちらも胃の調子が関係しての変化です。
ピロリ菌に感染している間は、自覚症状のあるなしに関わらず、少なからず異常が起こっている場合が多くあります。
それは、胃炎など病気として診断されるものもあれば、胃もたれや胸やけといった、普段の生活でも起こり得る病気というより体調不良として認識されるものまで症状は様々です。

 

 

【除菌と体重の増加】
除菌によって胃の調子が戻り、今まで抱えていた内臓の不調から解放されると、その分美味しく食事を摂ることができ、食事量の増加に繋がることも多いです。
このことから体重の増加が起こります。

 

スポンサーリンク

【ピロリ菌の除菌で痩せる】
太ってしまう場合と根本的な原因は同じで、胃腸の不調が解消されると逆に痩せるという人もいます。
これは、今まで消化不良につながっていた内臓の不調が解消されたことにより、便秘が解消されたり消化器官の働きが改善されたことにより起こります。
この働きの向上は痩せるといった現象以外にも肌の調子が改善されたりと美容の面でも効果が起こる可能性があります。

 

 

【治療しない方が痩せる?】
これは、ピロリ菌が善玉菌にもなる日和見菌でもあるという考えから言われることです。
例えば、ピロリ菌が善玉菌になった場合は食べ過ぎを防止してくれるという働きがありますので、確かに治療を行わない方が痩せる可能性も否定はできません。
しかし、思い病気を発症する可能性があるというリスクを考えると、感染が発覚した場合は治療することも視野に判断するべきです。

 

 

このように胃腸に起こる不調が改善されるという同じ原因で体重の増減が起こる可能性があるピロリ菌の治療ですが、この影響に関しては統計上判断が確定しておらず、人によって太る人もいれば痩せる人もいるという現状です。

スポンサーリンク