チーズ 胃もたれ 原因

チーズで胃もたれ!?乳製品も原因の一つとなることがある!

スポンサーリンク

胃もたれは胃がムカムカする、胃が重たく感じるなどの症状が起こります。
胸焼けとは違い、胃に違和感が出ている症状になりますので胸焼けと混同しないようにすることが解消には大切です。
胃もたれを起こしやすい食べ物というのはさまざまな種類があります。
その中のひとつ、「チーズ」をピックアップしてみていきましょう。

 

 

【なぜチーズで起こるのか】
チーズなどの乳製品は消化に時間がかかる食材です。
少量であれば問題はないと言えますが大量に食べてしまうと胃に残りやすくなります。
胃もたれというのは胃に食べ物が残ることによって起こる不快感になりますので起こしやすい食べ物と考えることが出来ます。
チーズやバターなどの乳製品の摂りすぎには注意しましょう。

 

「食べ物の種類によって消化酵素も違う」
食べ物の種類によって消化酵素は異なります。
ある一定の食品を食べた際に胃もたれが起こりやすいという場合には消化酵素が少ない可能性も考えられます。
チーズなどの乳製品の場合には顕著に出る可能性もあります。

 

【最も胃もたれを起こしやすいもの】
乳製品も起こしやすい食べ物になりますが、最も起こしやすいのは油物になります。
消化しにくい食べ物を大量に摂取することによって胃もたれを引き起こしやすくなります。
焼き肉、天ぷら、ラーメンなどの油物には注意しましょう。

 

「そのほかに起こしやすい食べ物」

・油物
・乳製品
・食物繊維を多く含んでいる食品(そば、ごぼう、ピーナッツ、玄米など)
・カフェイン(コーヒー、栄養ドリンク、チョコ、ココアなど)
・刺激の強い食品(辛すぎるもの、酸っぱいもの、甘いものなど)

 

このような食品は胃もたれを引き起こしやすい食べ物になりますので注意しましょう。
特に飲み会などでは油物が多かったり、お酒も飲みますので引き起こしやすくなります。

 

【まとめ】
胃もたれの原因となる食品というのはさまざまなものがあります。
チーズなどの乳製品でも人によっては消化酵素の関係で引き起こしやすくなっている可能性もあります。
まずは自分の胃腸を観察し、消化しやすいものを食べることを心掛けましょう。