豆乳 胃もたれ 原因 対処

豆乳は胃もたれの原因となる?対処法になることも?

スポンサーリンク

身体に良いものでも食べ過ぎてしまうと身体には負担になってしまうことがあります。
特に胃もたれというのは胃腸の異常で多い症状です。
普段、身体に良いと思って飲んだり食べていたものでも負担になる場合もあります。

 

その中の一つに豆乳があります。
胃もたれの原因となることもありますし、対処として使用される場合もあります。
今回はそこについて詳しくお話していきましょう。

 

 

【豆乳とは…】
畑のお肉と言われる大豆から出来る液体のことです。
大豆をすりつぶした際に出てくる液体が豆乳です。
さらににがりを混ぜると「豆腐」になり、すりつぶしている最中に出る粕が「おから」となります。

 

本来、大豆は消化があまりよくありません。
そのため液体にすることによって消化が良く、さらに栄養価が高いものになっています。
タンパク質、脂質を多く含んでいます。
特にタンパク質は良質なタンパク質になりますので健康を維持するためには重要な要素の一つです。

スポンサーリンク

【消化の良いとされる豆乳で胃もたれになるのか!?】
「飲み過ぎ」
少量を飲むのであれば健康には非常に良い飲み物です。
しかし飲み過ぎている場合には注意が必要です。
豆乳に含まれているイソフラボンは飲み過ぎてしまうと身体には負担となる場合があります。
まずは飲み過ぎていないか注意しましょう。

 

「アレルギーによるもの」
豆乳自体にアレルギーがあるかもしれません。
アレルギーというのは自己免疫力によるもので、本来は害がないもので体の免疫作用によって外に出そうとします。
アレルギーといえば蕁麻疹や腹痛、嘔吐などが挙げられると思います。
しかし胃もたれも起こる可能性があります。

 

【豆乳による胃もたれの対処法】
対処としては胃の中を保護する働きを期待します。
食べる前に豆乳を飲むことによって胃の中に膜を張るような状態にすることができます。
その膜が胃の中を守ってくれます。
そのため解消よりは予防に効果を期待することが出来ます。

 

【まとめ】
豆乳は健康にはとても良い食品です。
良質なタンパク質を摂取することが出来ますし、血圧を下げたり、コレステロールを下げるとも言われています。
適度に飲むことによって胃もたれを予防するだけでなく、健康維持にも効果を期待することが出来ます。
ただし胃もたれがアレルギーが原因で起こっている場合には注意が必要です。
その場合には病院で検査を受けましょう。

スポンサーリンク