胃もたれ 痩せる 原因

胃もたれは痩せる原因になる!?

スポンサーリンク

胃もたれとは食べ物が胃の中が十二指腸に押し出されず溜まってしまうため、胃が重苦しい、膨満感などの症状が起こります。
それには暴飲暴食やストレス、消化に悪いものを食べるなどの要因によって起こります。
食べても食べても太らない人がいますが、胃もたれが痩せる原因となるのでしょうか??
食べても太らない人がいますが、このような人は消化不良を起こしていると言われています。
胃酸の分泌が少ないために消化不良になりがちですので食後の膨満感は胃酸の分泌が多い人に比べて長く続く傾向があります。
消化不良を起こして太れないという状況になります。
痩せてしまう場合は上記のように消化不良などによって下痢になってしまったり、暴飲暴食をすると胃の機能が低下する場合もありますので、その際にも胃酸の分泌が少なくなりますので消化不良となってしまいます。
普段、吸収する出来るものが吸収されなかったり、栄養分を排出してしまうことによって体重が減少するということがあります。

スポンサーリンク

しかし痩せるというのは身体の異常サインかもしれません。
他に病気が隠れている可能性もあります。
胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの病気は胃の異常によって起こるものですので胃もたれなどの症状が現れます。
食べ過ぎなどの原因が考えられない場合には病気の可能性もありますので病気を疑いましょう。
また胃というのはストレスの影響も受けやすいと言われていますのでそれらの要因を摂る除くことも重要です。
これらの症状を緩和するための方法を紹介しましょう。
「よく噛んで食べる」「ゆっくり食事をする」「寝不足などの生活習慣の乱れをなくす」「お茶やコーヒーなどのカフェインを飲み過ぎない」「食後は動かない」
このようなことを心がければ症状は改善されます。
原因がわかっている場合にはそれを取り除きましょう。
胃腸薬も有効ですが、胃腸薬にも症状によって種類がたくさんありますので薬剤師に相談し自分に合ったものを選びましょう。

スポンサーリンク