ピロリ菌の症状、原因、検査、除菌方法

ピロリ菌の症状、原因、検査、除菌方法

胃もたれはピロリ菌が原因かもしれません。
ピロリ菌の症状や原因、検査方法、除菌前、除菌中、除菌後についてまとめています。

ピロリ菌の症状、原因、検査、除菌方法記事一覧

胃の粘膜に住み着く細菌として最も有名なものがピロリ菌です。ピロリ菌は強い酸性を示す胃酸の中でも生存し、胃炎や胃潰瘍などの胃の病気に深く関わっているとされています。この感染判断の検査に使用しているのが血液検査です。【血液検査】日本人全体のおよそ半分、また50代以降では7割以上の人が感染されているとされるピロリ菌は、胃の不調の原因とされる細菌です。その感染可能性は高いため、不調がなくても一度は血液検査...

ピロリ菌の数値が100、50以上というのはどういう意味でしょうか。検査方法を含め、調べてみました。【ピロリ菌】ピロリ菌は胃の中で悪さをする細菌です。日本人全体の50パーセント以上、五十代以降では70パーセント以上が感染しているため、日本人の多くが1度は検診を受けておいた方が良いです。感染は多くの場合、子供の頃で、大人になってから感染することはほとんどありません。感染している場合には慢性胃炎、胃潰瘍...

さまざまな胃の不調の原因とされる、胃の中に住むピロリ菌ですが、そのさまざまな検査の結果は数値で表されます。そのため、検査結果を受け取っても専門的な知識がないためわからないという人も少なくありません。例えば、受け取った数値結果が100だった場合、それは異常なのでしょうか。また、この結果から悪性腫瘍の発症率は100%になるでしょうか。【ピロリ菌検査結果を数値で表す方法】さまざまな種類がある検査ですが、...

ピロリ菌の感染があるとわかった後に行われる除菌治療の後、体重の増減を感じる人は少なからずいます。痩せる、という人もいれば、その逆に体重が増加してしまう人もいます。これらのような変化は何故起こるのでしょうか。【ピロリ菌の除菌と体重について】ピロリ菌は私たちの胃に住み着く細菌の一種です。この感染が胃に起こる病気や不調の原因ともされています。そしてピロリ菌の治療として行われるのが除菌です。この除菌治療の...

口臭の原因としても考えられている舌苔は、病気ではなく誰にでも存在するものです。その為過度に心配する必要はありませんが、ビジネスなどで人と話す機会が多い場合、その口臭対策にさまざまな意識を持つ人も多くいます。また、実は胃に存在するピロリ菌と舌苔が関係している可能性もあります。【口臭と舌苔】舌苔とは、粘膜から剥がれ落ちた上皮細胞や食べ物のカス、最近などから構成されています。そのため、誰にでも存在するも...

日本人の半数以上が保菌者であるとされるピロリ菌。放置すると胃がんや胃潰瘍などの原因にもなるため、極力こまめに検査を受け、病気のリスクをおさえたいですよね。ピロリ菌検査の最適な頻度についてまとめました。【そもそもピロリ菌って?毎年検査を受ける理由は?】ピロリ菌は正確にはヘリコバクターピロリといい、人間の胃の中に好んで棲みつく細菌です。普段は目立った悪さをしませんが、もともと胃の粘膜が弱かったり、免疫...

ピロリ菌除菌後に、太るという意見と、痩せるという意見があります。どちらが本当なのでしょうか。調べてみましょう。【ピロリ菌除菌後に太る】ピロリ菌除菌後に太る理由を考えてみましょう。ピロリ菌に感染していた場合は、胃腸に何らかの異常が出ているでしょう。消化能力が落ちているだけではなく、胃炎などの病気、胃もたれや胸焼けなどの症状が出て、食欲不振になっていることも多いです。除菌後は、胃腸の調子が元に戻るので...

ピロリ菌の除菌にヤクルトが良いという意見があります。どういう理由なのか調べてみましょう。【ピロリ菌】ピロリ菌は、胃の粘膜に住み着き、胃壁を傷つける細菌です。感染経路ははっきりとは分っていませんが、食べ物や飲み物から感染しやすいと言われています。罹患したら除菌が望ましいとされています。その理由ですが、日本人の50パーセント以上が感染しており、中でも50代以降では保持者の割合が70パーセント以上に達し...

ピロリ菌の除菌後、すぐにお酒を飲むとどのような影響があるのでしょうか。お酒好きの方にとっては気になるところですよね。アルコールがピロリ菌に与える影響についてまとめてみました。【除菌後のお酒はNG!アルコールがもたらす負の影響】結論から言うと、ピロリ菌除菌後すぐにお酒やアルコールを摂取することは厳禁です。さらに悪いのは除菌治療中にお酒を飲むことで、アルコール成分によって除菌の効果が薄れてしまうと言わ...

ピロリ菌の生存判定は呼気検査によるチェックが一般的です。数値が低いほど胃の中が安全とされ、反対に数値が高いほど胃の粘膜がすでに傷ついていると判断されます。呼気検査以外の判定法についてもまとめました。【ピロリ菌の判定で呼気検査が使われる理由】ピロリ菌は胃の中に充満する尿素を分解し、二酸化炭素を放出します。呼気検査では息の中に含まれる二酸化炭素の量を測定し、その割合からピロリ菌に感染しているかどうかを...

ピロリ菌の除菌には作用の強い薬が使われるため、まれに発疹などの副作用が表れる場合があります。副作用が表れても除菌をつづけるべきなのか、万一発疹が表れた場合にはどのように対処すべきなのか。ピロリ菌除菌の基礎知識とあわせて解説します。【ピロリ菌の除菌で発疹などの副作用が表れるメカニズム】ピロリ菌の除菌にあたっては現在のところ、菌を殺す作用のある薬を一定期間服用し、意の中から細菌を死滅させる方法がとられ...

ピロリ菌の除菌治療では作用の強い薬を使うことになります。薬の効果を最大限に高めるため、除菌中は飲料などを制限される場合があります。代表的なのはお酒ですが、コーヒーも制限の対象になるのでしょうか。ピロリ菌とコーヒーとの関係についてまとめました。【コーヒーの摂取が除菌に与える影響】飲み物が制限される基準は、治療に使う薬にどの程度の影響を与えるか、ということで決まります。除菌中の飲酒が禁忌とされるのは、...

ピロリ菌の感染経路はいくつか確認されていますが、原因として最も多いのは井戸水による感染だと言われています。昔ながらの井戸水には、それだけピロリ菌が多く繁殖しているのでしょうか。井戸水の安全な利用方法についてもまとめました。【50代以降の人にピロリ菌感染が多い原因】ピロリ菌の感染割合は年代によってもばらつきがあり、日本では50代以上の人に多く見られると言われています。これは日本がまだ生活用水を井戸水...

薬の飲み忘れはどんな病気の治療においてもタブーとされていますが、ピロリ菌の除菌治療ではどのような影響があるのでしょうか。除菌治療のメカニズムと具体的なプロセスについても解説しています。【薬の飲み忘れは禁物!ピロリ菌除菌のメカニズム】薬品による除菌がピロリ菌除菌の主流となっています。治療中は毎日決められた時間に決められた量の薬を服用することになりますが、万一飲み忘れた場合はどのような影響があるのでし...

ピロリ菌の感染経路についてはかなり研究が進んでおり、移る危険性が高いシチュエーションもわかっています。抵抗力のある大人でもピロリ菌は簡単に移るのでしょうか。子どもへの感染をふせぐために大人がとるべき対応についてもまとめました。【ピロリ菌はこうして移る!感染経路を把握して正しい対策を】ピロリ菌は基本的に飛沫感染によって移る細菌です。つまり、ピロリ菌が繁殖した水を飲んだり、保菌者の体液に触れるような濃...